FC2ブログ

tram*tram

とうそうへき



妄想空間へトリップ。
イカン、また逃げてしまった。

アンティークキモノ着て、廃墟ギャラリーで写真。
癖になるよきっと。
(写真は私じゃありません^^;本日の最高傑作)

スポンサーサイト



  1. 2010/10/30(土) 18:26:18|
  2. 日常
  3. | コメント:2

ガラムマサラ

また・・・悪い癖が出ちゃいました。
切羽詰ってくると出てくる『逃亡癖』
やることてんこ盛りで、遊んでる場合じゃないのに
そんなときにこそ息抜きが必要なO型@いい加減組合員です。



ビーネンバウムさんの『スパイスマサラの会』に参加してきました。
今までハーブソルト(お魚・お肉用)と2回参加したことがあるのですが
今回は基本のガラムマサラを習います。

スパイスをすり鉢に入れてスリコギでごりごり。
香りがふわっと広がって癒される~!


  習ったガラムマサラを使って、ミニお料理教室。
  どんなお料理に使えるのか、
  実践して習うことができます。

  ~本日のスパイスマサラちっちゃなランチ~
  ・玄米ごはん
  ・お豆のインド風ミネストローネスープ
  ・根野菜のグリル(ハーブソルト)
  ・青菜と豚肉のクミン炒め(ガラムマサラ)

  今まで習ったハーブソルトも使えるので
  とても勉強になります^^








ランチを堪能したあとは
マサラチャイを目の前で作ってもらって
楽しみました。

人に作ってもらうとおいし~い。
それに市販で売られているスパイスより断然おいしさが
違うと思う><

この日作ったガラムマサラは
味が落ち着くまで一ヶ月くらいかかる
ということで少しの間お預けですが
早く色んなお料理に使ってみたいです!



  1. 2010/10/27(水) 20:48:42|
  2. 日常
  3. | コメント:0

山栗くん

実る秋、学校帰りに毎日毎日通学路に落ちてる栗を
ひろって帰ってくるこったん。
山栗なので、「どうやって食べるん?」っていうくらいちっちゃい。

塵も積もればで、一日2~3個でも気づけば2、30個。
鬼皮はなんとかむけるので渋皮煮にしてみました。
水を何度も取り替えたりして、結構手間がかかるのね><

kuri.jpg

一晩おいてやっと完成!
毎日「今日は栗食べれる?」としつこく聞かれてたけど
ほーら、やっと食べられるよ^^

・・・・ものの10分で完食。
いいんだけど、いいんだけど、ちょっと複雑。

  1. 2010/10/26(火) 19:30:55|
  2. 日常
  3. | コメント:2

しまなみウォーク

heri.jpg

しまなみウォーク。
っていうのに参加してきました。
四国旅行の次の週。
2週続けてのしまなみでした・・・(笑)

生口島から大三島へかかる多々羅大橋を歩いてわたって
多々羅しまなみ公園までの5キロを歩くというコース。

5キロ?高校のときのマラソン大会ぐらいの距離じゃし~~
大丈夫、大丈夫^^
と軽く考えて参加したのが間違いでしたーー><
歩いても歩いても、橋の入り口にも辿りつかんじゃないかーー(涙)
抜けるような青空の下、風は気持ち良かったんですけどね。

次の日は起き上がれないほどの筋肉痛。
いきなり歩いてもだめだわ~毎日でも歩いてないと><;
健康保険組合のイベントだったのですが
無料でもこりゃ来年はやめとこう、、、、、。

simanami6.jpg

豪華弁当(もちろん無料)は堪能しました(笑)

  1. 2010/10/21(木) 20:22:50|
  2. 日常
  3. | コメント:2

四国旅行~その2

kouchi11.jpg
  2日目は朝早くから『龍馬の生まれた町記念館』へ。
  こったん、龍馬と背比べ。
  何気に同じポーズしてます・・・。
  こうゆうとこ、私譲りっぽい(笑)

kouchi12.jpg











ここはやっぱり押さえなくちゃ!
記念館から徒歩1~2分の場所にあります、
龍馬生誕の地!!
家のあったところは今は病院になっていて
碑だけが建っています。
このあたり、龍馬が歩いてたんだと思うと
感激するなぁ~><;






お次は、そこから車で5分のところにある山内神社と
旧山内家下屋敷長屋へ。
ここも山内容堂公ゆかりの地。

kouchi13.jpg

それから、龍馬は少し離れてレトロ雑貨のイベントへ寄り道。

kouchi14.jpg

高知は古道具熱がすごい!
広島~~負けちゅうがよ~~!(笑)ちょっと圧倒されちゃいました。
古道具のso_koさんが主催されている蚤の市だそうで、すっごく活気がありました!
それに楽しい!広島でもこうゆうのやりたいんですよね・・・。

kouchi15.jpg

何故か、再び桂浜(笑)

kouchi18.jpg

こったんが「おれも楽しいところへ行きたい!」と言うので
桂浜にある水族館までやってきました。
ものすごくこじんまりした水族館で、5分もあれば一周してしまうくらいの小ささ。
でも、体験型が多くてカメやコツメカワウソにエサをあげれたり
ザリガニ釣りやナマコやウニをさわれたり、、、、。
こったんくらいの子どもにはちょうどいい感じ!
あと、浜で五色石を探したり。
昔ほどなくなってしまったらしいですが、探せばまだきれいな色の石が
けっこうありました。

kouchi16.jpg

竜王岬にて。
高知名物、なつかしのアイスクリン。
名物だったんですね~。
観光地のあらゆるところにアイスクリーム屋さんがあるのです。

kouchi17.jpg

昨日の夜、色々あってかつおのタタキが食べられなかったので
『高知県立坂本龍馬記念館』の横にある展望レストランで。
ほんと言うともうちょい本場っぽいタタキが食べたかったのですが
ここのもじゅうぶんおいしかったのでヨシとしよう^^

龍馬記念館では、血染めの屏風や、手紙(複製)
龍馬が愛用したといわれるスミス・アンド・ウェッソンのピストルが展示されており
かなり見応えがありました。
龍馬が乙女姉さんに送った手紙なんて、一字一句見逃さずに読んでしまいました。
(けっこう長いんですよ、びっくり)
薩長同盟の裏書もありましたよ。
龍馬、幕末ファンにはたまらない博物館だと思います。

午後3時、タイムリミット。
もっとゆっくり見れたら良かったのだけど・・・・。
龍馬三昧、楽しかったです!また遊びに行きた~い!

  1. 2010/10/13(水) 23:40:01|
  2. 日常
  3. | コメント:6

四国旅行~その1

simanami.jpg

しまなみ海道をわたって、四国へ仕入れをかねて旅行に。
はじめてしまなみを渡ってわくわく。

simanami2.jpg
  しまなみ名物!?しおなみソフト。
  大浜パーキングエリアで売られている
  ちょっと変わったソフトクリーム。
  見た目ミントっぽいですが、
  これはバニラクリームに伯方の塩が入っている
  塩ソフトなのです。

  こったんは塩、
  わたしははっさくとのミックスをいただきました。
  ほのかな塩加減でおいしかったです!

  しまなみを渡って四国へ入ってからは
  母の仕入れにつきあってもらいました。
  以前よくしていただいた業者さんのところへ。
  教えていただいた骨董市でも
  ほくほくな仕入れができ、一路高知へ。

simanami3.jpg





まず、高知に着いて向かったところが高知城。
龍馬伝でもおなじみ山内容堂公のお城。
大河ドラマでは、酒乱でいじわる~な感じの容堂さん
ですが、龍馬とはひと回りも離れてないんですよね。
思ったより若い!
ええ~っ、近藤正臣さん。
あれじゃあんまりかわいそうだよーー。
(でもあの容堂公も嫌いじゃない・笑)





それから、高知と言えば「日曜市」!と教えていただいて
時間があえば寄ってみようと思っていたのですが・・・・・。

simanami4.jpg

少し時間が遅かった><;
片付けはじめているお店がほとんどでちゃんと見れませんでした。
約500店も露店が出るらしく、1km以上もお店が並んでいる様子は圧巻!
終わりごろといっても、まだまだにぎわってました。

simanami5.jpg

最後は時間のない中、桂浜へ!
ほんとうは沈む夕日を見たくて向かったのですが、
みなさん考えることは同じのようで、、、、なんと大渋滞!
夕日には間に合いませんでしたが、夕暮れは堪能して帰りました。
龍馬像もしっかり見ましたよ。

ここで、どうしたことかだんなのプリプリ病が発病。
旅行とか行くとね、いつもこうなんです(怒)
多分、渋滞のイライラ+こったんが波に浸かってびしょぬれになったことが
引き金だと思われますが・・・・。
ほんとうは「ひろめ市場」で夕ごはんを食べるつもりでしたがホテルへ帰ることに。

こったんと私だけ外で軽くすませました。
もう、信じられなーーい!!

2日目につづく・・・・。


  1. 2010/10/12(火) 16:24:32|
  2. 日常
  3. | コメント:6

ひろしまうららかさんぽ



ひろしまうららかさんぽ
価格:1,500円(税込)


知り合いのお店がいくつか掲載されているので買ってみました。
これが期待以上に良かったのです。
載っているお店も素敵、写真も素敵。
ひろしまってこんなにいいところだったかなぁって、
再認識させられた感じ!

広島に住んでる人に、ぜひ持っていてほしい一冊でした。
1500円の価値あります!
  1. 2010/10/05(火) 22:14:31|
  2. 日常
  3. | コメント:2